saitama_flag.png

イチオシ本2013

39-1.jpeg

2012年11月〜2013年10月に出版された本から

高校生にすすめたい本を、

埼玉県の高校司書がピックアップ!

prize.png

『島はぼくらと』

辻村深月/講談社

prize2.png

『ランチのアッコちゃん』

柚木麻子/双葉社

prize3.png

『目でみることば』

おかべたかし(著)・山出 高士 (写真)/東京書籍

prize4.png

『想像ラジオ』

いとうせいこう/河出書房新社

prize5.png

『昨夜のカレー、明日のパン』

木皿泉/河出書房新社

prize6.png

『丕緒の鳥 十二国記』

小野不由美/新潮社

prize7.png

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

村上春樹/文藝春秋

prize8.png

『駅物語』

朱野帰子/講談社

prize8.png

『人生はニャンとかなる!;明日に幸福をまねく68の方法』

水野敬也、長沼直樹/文響社

prize10.png

『政と源』

三浦しをん/集英社

prize.png

島はぼくらと

辻村深月/講談社刊

sima-wa-bokura-to.png

辻村深月さんよりコメントを頂きました!

私が『島はぼくらと』を書き終えた時に、まず頭の中にあったのは、安堵感や達成感よりも、「これで冴島とお別れしなければならないんだ」という圧倒的な寂しさでした。 
 
このたび皆様に選んでいただけたおかげで、再び冴島に戻って来られたような幸福を感じています。
 
あの島で過ごす高校生四人とともに、心より、ありがとうございます、とお伝えしたいです。