☀️新年明けましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。

昨年の2月に、埼玉県高校図書館フェスティバルを開催してから早一年、今年のフェスティバル開催まで、あと一ヶ月となりました。

昨年12月24日、総務省は「平成24年度地方財政への対応について」を公表し、学校図書館関係の地方交付税措置として、「小中学校に学校司書を配置。150億円。小学校9800人・中学校4500人分。単価105万円」の予算を示しました。学校司書配置については、「厳しい財政状況の中、学校図書館担当職員を配置する学校は近年一貫して増加、その必要性が強く認識され始めている。」というコメントを出しています。

私たちは高校に働く学校司書ですが、専任・専門・正規という恵まれた形で、日々、高校生の読書と埼玉の高校教育を支えていることを誇りに、このフェスティバルを成功させようと思っています。

フェスティバルの開催には、多くのみなさまのお力が必要です。本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


埼玉県高校図書館フェスティバル実行委員長 木下通子

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今年度は、図書館と県民の集いがオンラインにて開催されています。 また、高校図書館の現状を知ることができる展示なども併設されています。 ぜひのぞいてみてください。 「図書館と県民のつどい埼玉2021」 https://www.sailib.net/tudoi2021/ イチオシ本は、無事、集計が終わりました。 今年の発表は2月18日金曜日を予定しています。 スペシャルゲストも出演予定です。 お楽し