イチオシ本2016、決定しました!



もっとも多くの「おすすめ」を獲得したのは……


翻訳できない世界のことば

エラ・フランシス・サンダース著

/前田まゆみ訳

創元社「翻訳できない世界のことば」特設ページ





2016年のイチオシ本へは、埼玉県内の高校司書約105名 から、のべ 158冊のタイトルの投票をいただきました。ご協力ありがとうございました。

イチオシ本2016の詳細はこちらをご覧ください


2017年2月18日より、県内各地の書店でイチオシ本フェアーを開催

また、県内の図書館でイチオシ本パンフレットを配布します。

イチオシ本フェアーについてはこちらをご覧ください



Youtube中継・動画を御覧の皆様に素敵なプレゼント!


1位に選ばれた本の著者サイン本を抽選で1名様に、

また、新作『誰も知らない世界のことわざ』のサイン本を抽選で1名様に差し上げます。



メールで shelf_20110219(a)yahoo.co.jp 宛にご応募ください。

メールの件名に番組中のキーワードを、

本文にお名前を書くのをお忘れなく!

締め切りは 2月18日 正午までのメール必着とします。


当選者の発表は、当選者への発送先のご相談をもって代えさせていただきます。


たくさんのご応募をお待ちしています!


※プレンゼント企画は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

株式会社リブロプラス 2022-02-18 埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本 2021フェア 女性をつなぐ総合情報サイト「ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)」2022-02-19 『女の子はどう生きるか 教えて!上野先生』が三位に選ばれました! 朝日新聞埼玉版2022-02-20 埼玉)1位は「覚え違い」テーマのあの本 高校図書館司書が選ぶイチオシ本 埼玉新聞埼玉版2022-

新潮社 本選びのプロ、学校司書が いまもっとも「高校生に薦めたい本」は? 朝日新聞埼玉版2021-02-24 埼玉)イチオシ本2020に  伊吹さんの「雲を紡ぐ」 埼玉新聞埼玉版2021-02-13 高校生に読んでもらいたい一冊  埼玉の高校司書が選ぶイチオシ本発表  1位は直木賞候補作家の作品